3/21(土) 次走注目馬(中山のみ)

スポンサーリンク
次走注目馬

3/21(土) 次走注目馬(中山のみ)

■中山1R 3歳未勝利(10:10~) ダ1800m

◆ミスヒアリング[3着:6人:先行]

【レース内容】
大外枠から好位でレースを運び
道中は馬群のなかで脚を溜めて追走
勝負どころでじっくりと我慢をし、直線はじわじわと差を詰めて0.4秒差の3着

【ラップタイム】
12.6 – 11.7 – 13.2 – 13.6 – 13.1 – 13.1 – 12.8 – 12.3 – 12.8

【今回のポイント】
・脚力勝負で0.4秒差の3着
・ダート適性◎

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・馬体重
2走前が5ヶ月の休養明けで+28㎏の大幅増
馬体は大きくなって成長してるが太り目
前走から-6㎏➡️-2㎏と絞れてるが、まだ余裕はあるので次走も絞れてることに期待

・中山ダ1800m
初ダートの新潟ダ1800mは出遅れ+スタート直後に寄られて後方からとなり、見せ場なく3.6秒差の10着で度外視
今回は2回目のダートで先行し、最後はじわじわと差を詰めて0.4秒差の3着
馬群で砂かぶりは問題なく折り合えたのは収穫
脚力勝負となりましたが、消耗戦で最後は時計が掛かる展開が理想
先行力はありますが、今回は大外枠でポジションが取れず
次走は「中山ダ1800m」の「内枠」で「牝馬限定戦」でチェック

◆フェデネージュ[4着:4人:逃げ]

【レース内容】
好スタートから行き脚をつけてハナに立ち
1000m通過1:04.1とペースを緩めてマイペースに運び
3コーナーを過ぎたところで後続が差を詰め
直線に入って交わされてしまうが、最後まで粘りを見せて0.4秒差の4着

【ラップタイム】
12.6 – 11.7 – 13.2 – 13.6 – 13.1 – 13.1 – 12.8 – 12.3 – 12.8

【今回のポイント】
・ダート替わりで一変

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・上積み
短期放牧を挟みましたが成長分はなく、レースを使いつつ成長できれば
前走まで馬自身の走る気は無かったが、今回は逃げて変わり身を見せた内容
ペースは緩く脚力勝負で最後まで粘れた内容は評価
レースを使って前向きさが出ることに期待

■中山2R 3歳未勝利(10:40~) ダ1200m

◆ショーショーショー[3着:4人:差し]

【レース内容】
少し飛び上がる形のスタート出遅れ
行き脚をつけて中団までポジションを上げてレースを運び
4コーナーで大外に出し、直線は内に刺さる走りで真っ直ぐに矯正しつつ
3F37.2の最速上がりで脚を伸ばし0.8秒差の3着

【ラップタイム】
12.0 – 10.7 – 11.4 – 11.9 – 12.4 – 13.9

【今回のポイント】
・前が残る展開で差を詰めた内容

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・東京ダ1300m
出遅れ癖があってダ1200mは忙しく
本来であれば距離延長して道中ゆったりと運んぶことが理想ですが
ノドの不安」があるので現状はダ1200mを出走し、展開がハマって好走してる内容
いい脚を使えるが右回りだと内に刺さるので、東京コースで1度走りを見てみたい
恐らく中山ダ1200mで出走するはずですが、「東京ダ1300m」でチェック

◆トミケンフリーク[5着:8人:先行]

【レース内容】
好スタートでしたが無理に行かず好位でレースを運び
道中は砂かぶりを嫌がって流れに乗れず、位置が下がって最内に入れての追走
勝負どころで促して外に出し、直線に入って内に刺さり
内にモタれた走りで矯正しつつ、じわじわ脚を伸ばして1.0秒差の5着

【ラップタイム】
12.0 – 10.7 – 11.4 – 11.9 – 12.4 – 13.9

【今回のポイント】
・持ち時計短縮(1:14.4➡️1:13.3)
・砂かぶりを経験

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・中山ダ1200m
初戦は終始外を回しながら追っ付け、最後は脚が甘くなって失速し2.0秒差の9着
今回は砂を被らせて経験させ、最後はじわじわ差を詰めて1.0秒差の5着
ダート2戦目で序盤は流れに乗れたが、砂かぶって流れに乗れなかったことが敗因
レースぶりは良くなってるので、次走は「中山ダ1200m」か「東京ダ1300m」で狙い
ダート3戦目の慣れに期待し、砂をかぶらない位置取りでの好走に期待

■中山3R 3歳未勝利(11:10~) ダ1800m

該当馬なし

■中山5R 3歳未勝利(12:30~) 芝1800m

◆ペルセウスシチー[2着:3人:先行]

【レース内容】
好スタートから好位でレースを運び
道中はインでロスなく折り合って追走
4コーナーから促し、直線は前が止まらないなかで最速上がりで差を詰め3/4馬身差の2着

【ラップタイム】
12.8 – 11.8 – 12.3 – 12.6 – 12.4 – 12.3 – 12.0 – 11.3 – 11.9

【今回のポイント】
・先行した競馬ができたことは収穫
・逃げた勝ち馬が止まらないなか、3F35.0の最速上がりで差を詰めた内容

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・中山芝1800m
トゥザワールド産駒は父に似て中山で活躍する産駒は多く、時計の掛かる馬場が得意とする
今回は脚力勝負になりましたが、勝ち馬に最後まで差を詰めて2着
3着に7馬身離す好内容のレースで先行できたことも収穫
距離延長は問題なく引き続き「中山芝1800m」でチェックし、「時計の掛かる」展開に期待

■中山6R 3歳新馬(13:00~) ダ1800m

◆プレシオーソ[1着:2人:先行]

【レース内容】
好スタートから一旦はハナに立つが、1コーナーで番手に下がってレースを運び
1000m通過1:04.7のスローペース
余力たっぷりで直線に向かい、3F36.8の最速上がりで最後は流して3馬身差の勝利

【ラップタイム】
12.9 – 11.6 – 12.9 – 13.8 – 13.6 – 13.8 – 13.3 – 11.9 – 11.7

【今回のポイント】
・3F36.8の最速上がり
・ラスト2F優秀(11.9-11.7)

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・上積み
除外もあって追いきりを増やせたのプラスで、ひと叩き毎に良化は出来てるが仕上がり途上
初戦はスローペースの展開のなか番手で追走し、直線は急坂があるなかでラスト2F(11.9-11.7)加速したままゴールと非常に優秀
カフェファラオ、ダノンファスト、シェダルと3歳世代の上位と並ぶ器
昇級初戦でも十分通用するレベル
まだまだ良化途上なので、1度使った上積みに期待

◆ラストマン[2着:1人:先行]

【レース内容】
出遅れて後方になり、行き脚をつけて好位まで上げてレースを運び
道中は砂かぶらせないように外を回して追走
向正面で徐々に進出して3番手まで上げ、直線は外から脚を伸ばして3馬身差の2着

【ラップタイム】
12.9 – 11.6 – 12.9 – 13.8 – 13.6 – 13.8 – 13.3 – 11.9 – 11.7

【今回のポイント】
・3F37.1の上がり2位の末脚
・勝ち馬が優秀でしたが、最後まで脚を伸ばした内容

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・成長
スタートが速くない」と厩舎のコメント通り
実践で出遅れてすぐに鞭を入れ、行き脚をつけて先行し、キックバックを受けないポジション取り
砂かぶり、道中併走される形と経験できたことは収穫
勝ち上がれる力は十分に見せた走りなので、まずはゲートを克服することが重要
ゲート練習を詰んで発馬が五分でも良くなれば
引き続き「中山ダ1800m」で成長に期待

◆クロフネシルエット[3着:5人:先行]

【レース内容】
行き脚をつけて好位でレースを運び
道中は砂かぶりは問題なく折り合っての追走
勝負どころで包まれながら追い出しを我慢し、直線は内にモタれながらも最後まで脚を伸ばし1.4秒差の3着

【ラップタイム】
12.9 – 11.6 – 12.9 – 13.8 – 13.6 – 13.8 – 13.3 – 11.9 – 11.7

【今回のポイント】
・上位2頭が優秀
・砂かぶりは問題なく経験できたこと

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・上積み
5月の遅生まれで馬体重512㎏の大型馬
まだ緩さがあり、ひと叩きがほしいなかで3着に好走
馬体は絞れるので叩いての上積みに期待
1度使って変わり身はあるはずなので、次走は相手関係を見て次走はチェック

■今週の記事

■ラインシリーズ

■オススメの記事

タイトルとURLをコピーしました