9/29(日) 中山予想

スポンサーリンク

f:id:gulch:20190904105313p:plain

9/29(日) 中山予想
【 目次 】

《 今週の記事 》

《 中山予想 》

■中山9R サフラン賞(14:25~) 芝1600m

【本命】
◎⑦ビッククインバイオ

前走の新潟2歳S[GⅢ:新潟芝1600m]
好スタートでしたが内の馬のテンが速く、控えて番手で追走
直線残り200mで先頭に立って押しきりを図るが、外から2頭に交わされて0.4秒差の3着
12.5 – 11.1 – 12.5 – 13.0 – 12.3 – 11.0 – 11.0 – 11.6
スローペースでラスト3Fから上がり勝負で
1着ウーマンズハート(3F32.8)
2着ペールエール(3F33.1)
3着本馬(3F33.9)
先着した2頭の瞬発力が勝って相手が強かったですが、本馬なり最後までしっかり脚を使って0.4秒差の内容に評価
スローペースで控えて折り合えたことも大きな収穫

傾向的にサフラン賞はスローペースの逃げ有利
サフラン賞の逃げ馬 [2-0-1-1]〉
・2018年 レッドアネモス(1着)
13.1 – 12.0 – 12.0 – 12.1 – 12.4 – 11.6 – 11.0 – 11.5
・2017年 レッドレグナント(1着)
13.0 – 11.5 – 12.0 – 12.1 – 12.1 – 11.6 – 11.5 – 11.4
・2016年 サクセスムーン(5着)
12.6 – 11.3 – 11.3 – 11.5 – 12.3 – 11.9 – 11.5 – 12.5
・2015年 スミレ(3着)
12.7 – 11.3 – 11.8 – 12.1 – 11.9 – 11.6 – 11.7 – 12.2

展開的に前にいく馬が少ないのでスローペース濃厚
同型が少ないのでハナに立つか、番手で控えての追走が理想
サフラン賞は逃げ馬が残る傾向なので、データ上は先行力のある本馬が有利
瞬発戦でも新潟2歳Sのようにラスト3Fの上がり勝負で、先行して粘れる力はあるので十分に期待

【調教】
・09/25(水) 良 大野
52.5-38.2-25.1-12.6[坂路]強め
・09/22(日) 稍 助手
53.2-38.5-25.2-12.7[坂路]馬也
内フィリーズラン馬也と併せで併入
・09/19(木) 重 助手
53.2-38.7-25.3-13.0[坂路]馬也
内グラスブルース一杯と併せで併入
・09/11(水) 稍 助手
52.4-38.2-25.0-13.0[坂路]馬也
外ゴールデンフィジー馬也と併せで併入

■中山10R 勝浦特別(15:00~) 芝1200m

【本命】
◎⑥アンリミット

前走のレース[相模湖特別:東京芝1400m]
好スタートから番手で追走
逃げ馬がマイペースでレースを運び、直線はそのまま差が縮まらず0.3秒差の3着
昇級して3戦連続で2着と惜しいレースが続き、現級ではいつでも勝ち上がるチャンスのある馬
今回は距離短縮して初の芝1200m
どこのコースでも対応力があり、レースセンスは高いので問題なし

3ヶ月半の休養明けですが、長めに乗り込んでテンから最後まで軽快な動きで好タイム
反応に応えて息もしっかりと入り仕上がり良好
先行力のある馬なので好位でレースを運んでほしい
前有利の高速馬場なので押しきり期待

【調教】
・09/25(水) 良 黒岩
81.3-65.5-51.2-38.0-12.4[CW]一杯⑥
・09/21(土) 稍 助手
66.6-51.3-37.4-11.8[CW]馬也⑧
・09/18(水) 良 黒岩
80.8-65.5-51.2-37.8-11.9[CW]強め⑧
・09/14(土) 良
54.7-39.0-25.5-12.7[坂路]馬也

■中山11R スプリンターズS(15:40~) 芝1200m

【本命】
◎⑮イベリス

前走のセントウルS[GⅡ:阪神芝1200m]
いいスタートは切れたが控えて4番手で追走
f:id:gulch:20190925154857j:plain
直線で外にいたミスターメロディ(緑印)に進路を塞がれ、内からこじあけて進路を確保して追い込み0.6秒差の3着
前走のNHKマイルCから4ヶ月休養明け
馬体重が+14㎏と夏を越えて成長し、太め感のない仕上がりで好走
初の古馬対決で控える競馬を試し、タワーオブロンドンのレコード勝ちでしたが時計1:07.3は非常に優秀
叩いての本番に期待が高まる内容

スプリンターズSは5年連続(2014年~2018年)で牝馬が3着以内に好走
5年間で15頭8頭、10年間で30頭中12頭と牡馬に負けずの走り[2009~2018:2-4-6-32]
夏を越えて成長した3歳牝馬も活躍
〈過去10年間の3歳牝馬 0-1-1-4
2018年ラブカンプー[2着:11人気31.7倍]
2016年ソルヴェイグ[3着:9人気27.1倍]
2016年ブランボヌール[11着:6人気14.0倍]
2014年ベルカント[5着:10人気27.8倍]
2012年エピセアローム[4着:3人気9.9倍]
2009年グランプリエンゼル[12着:5人気10.1倍]
昨年はラブカンプーがクビ差で2着
6頭中4頭が掲示板が入るほど、3歳牝馬には条件があっています

半姉ベルカント[父サクラバクシンオー]は重賞5勝馬
ロードカナロアは12年、13年のスプリンターズSを連覇
短距離血統で芝1200mでこそ実力が発揮できる舞台
今回は角田調教師が「ハナはないと思う」と発言
モズスーパーフレアが逃げ宣言をしており、番手~3番手辺りで前を見ながらレースが運べれば
キレる脚はないので早めに押しきる形が理想
大舞台での一発に期待

【調教】
・09/25(水) 良 浜中
53.5-39.5-25.7-12.3[坂路]馬也
外タガノスカイハイ馬也と併せで併入
・09/20(金) 良 助手
52.6-38.0-23.9-11.8[坂路]馬也
内ブルーファンク一杯と併せで0秒1先着

【対抗】
◯⑬ミスターメロディ

今年の高松宮記念の覇者
前走のセントウルS[GⅡ:阪神芝1200m]は高松宮記念から5ヶ月半の休養明け
好位のいいポジションで運びましたが、直線は伸びを欠いて1.0秒差の8着
休み明け+トップハンデ(斤量58㎏)+大外枠で度外視

叩き良化型なので今回が本番
・オーロC[5着]→阪神C[2着]
阪急杯[7着]→高松宮記念[1着]
休み明けを叩いた次走は結果を残しています
今回は福永騎手が
十数年ぶりに栗東に泊まりました
藤原先生の意向で土曜日も乗った
と言うように、仕上げはどこの厩舎よりも徹底しています
叩いてしっかりと良化をし、栗芝では前走以上のスピードの高さを見せて好タイム
中山適性が未知数ではありますが、ダートをこなせるパワーやマイルをこなせるスタミナは十分の馬
勿論、高松宮記念を制するスピードもあり、春秋Vに向けて期待したい

【調教】
09/25(水) 良 福永
62.8-47.4-34.4-11.9[栗芝]馬也②
09/21(土) 稍 福永
54.2-38.9-24.9-12.5[坂路]馬也

ガルチへの応援クリック是非お願いします♪

競馬ランキング

タイトルとURLをコピーしました