3/1(日) 中山予想

スポンサーリンク
中山予想

3/1(日) 中山予想

中山1R 3歳未勝利(10:10~) ダ1800m

【本命】
◎①エンジョイ

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]3歳未勝利:中山ダ1800m 】
スタートを決めて行き脚がつき、周りを見て好位で追走
1000m通過1:04.0のスローペースで、道中は外を回してレースを運び
直線は伸びを欠いて1.1秒差の3着

【 ラップタイム 】
12.7 – 11.8 – 13.2 – 13.6 – 12.7 – 12.5 – 13.2 – 13.0 – 13.9

【 前走のポイント 】
・勝ち馬のマイペースの逃げで1.1秒差離されたが最後まで粘り3着

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

短期放牧で立て直し
中間しっかりと叩いて乗り込む毎に良化
坂路中心の調教が多かったですが、今回はウッドコースを中心に調教
成長が見込める内容で最終追いきりは好タイム
十分に仕上がり万全の態勢

開幕週の牝馬限定戦を目標に仕上げ
中山ダ1800mは2着➡️3着と好走している舞台で、パワー型なのでダートは合っています
脚を溜めた方がいいレースはできてるので、中団あたりでスムーズに運ぶことができれば
横山和生(騎手)×島川隆哉(オーナー)」は好ライン
今回の木幡育也騎手から横山和生騎手に乗り替わりも期待したい

中山2R 3歳未勝利(10:40~) ダ1200m

【本命】
◎⑦ヤマタケヴォイス

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]3歳新馬:東京ダ1400m 】
スタートを決めて好位で追走
道中掛かって外から抑えず2番手までポジションを上げ
4コーナーで内にいた馬に抵抗されて厳しくなり、直線は伸びを欠いて3.2秒差の5着

【 ラップタイム 】
12.7 – 11.8 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 12.1 – 12.6

【 前走のポイント 】
・道中の掛かり+4コーナーで不利を受けて5着

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

初戦は3.2秒離されましたがメンバーレベルを考えると悲観する内容ではなく
道中掛かって外から抑えずに2番手まで上げ、4コーナーで内から抵抗されて走る気がなくなり失速したが5着と健闘

母サトオメは格上挑戦の京都ダ1200mでJRA初勝利(4歳上500万下)
半姉リンノティアラは地方の短距離ダートで3勝
血統的に短距離ダート歓迎で
気のよすぎるところがあり、高速馬場でかなり速いペースは好条件
持ち味のスピードを生かしたレースに期待

中山3R 3歳未勝利(11:10~) ダ1800m

【本命】
◎②ルナエクリプス

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]3歳未勝利:中山ダ1800m 】
控えて中団で追走
道中はゆったりとしたペースで脚を溜め
向正面で外から早めに進出し、3コーナーでは先頭に並んで直線へ
最後は勝ち馬との叩き合いに敗れて3/4馬身差の2着

【 ラップタイム 】
12.7 – 11.7 – 13.1 – 13.2 – 12.6 – 12.8 – 12.8 – 13.4 – 13.5

【 前走のポイント 】
・時計1:55.9優秀

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

短期放牧からこのレースを目標に仕上げ
跳びが大きい馬なので中間追いきりの終いはいまひとつですが、2週連続で併せ馬で追い込んで良化し
最終追いきりはかなり軽快さを増して仕上がり、万全の態勢で上積み十分

前走は3コーナーから早めに動き、勝ち馬との叩き合いに敗れて3/4馬身差
勝ち馬が強く時計1:55.9は優秀で、3着馬に7馬身差離しての2着と内容は優秀
2走前が直線で詰まってスムーズを欠いて0.5秒差の4着
中山の適性は高く、このレースを目標に仕上げてきてるので態勢は整っています
人気になりますが勝ち負けに期待

中山5R 3歳未勝利(12:30~) 芝2000m

【本命】
◎⑫テルヌーラ

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]2歳新馬:東京芝2000m 】
好スタートから押し出される形でハナに立ち
道中はスローペースで折り合いながらレースを運び
直線は伸びを欠いて0.5秒差の5着

【 ラップタイム 】
13.3 – 12.8 – 12.9 – 13.1 – 13.0 – 12.7 – 12.6 – 11.6 – 11.1 – 11.4

【 前走のポイント 】
・目標にされる形で厳しいレースになりながら0.5秒差の内容

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

3ヶ月半の休養明けでここを目標に調整
気が抜きやすいのでチークピーシーズを着用
最後まで集中して走るようになり、最終追いきりはウッドコースで1F12.2の末脚
休み明けをしっかりと叩いて仕上がり良好

前走はスタートが良すぎて押し出される形になり、目標にされる形となって厳しいレースとなり0.5秒差
長くいい脚が使えるので、前に壁を作って脚を溜める競馬が理想
本番でもチークピーシーズを着用
最後まで集中して走ることができれば十分にチャンスはあり
5月の遅生まれなので、レースを使っての成長に大いに期待

中山9R 水仙賞(14:35~) 芝2200m

【本命】
◎②サペラヴィ

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]若竹賞:中山芝1800m 】
好スタートから控えて好位で追走
道中はインで行きたがるのを抑え、4コーナーでは手応えが怪しくなり
直線は伸びを欠いて0.9秒差の7着

【 ラップタイム 】
12.7 – 12.1 – 13.0 – 13.1 – 12.8 – 12.6 – 12.5 – 12.3 – 12.8

【 前走のポイント 】
・馬場の悪いところを走り、キレる脚はなく0.9秒差の内容

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

休み明けを叩いて状態は上向き
2週連続でウッドコースで叩き、動きは良化して軽快さが増し
最終追いきりは併せ馬で遅れたましたが、重賞馬(ブラックホール)相手に最後まで粘り0.1秒遅れ
前走以上の動きで上積み十分

開幕週の馬場を狙ってこのレースを選択
距離延長はプラスで、少頭数ですが相手に恵まれてるので十分にチャンスはあり
ここ最近は消極的なレースが続き、持ち味のしぶさとが発揮できず
今回は逃げ宣言をしているので、思い切ったレース運びをすれば粘り込みは可能
状態はいいので逃げ切りに期待

■今週の記事

■先週の記事

タイトルとURLをコピーしました