11/2(土) 東京予想

スポンサーリンク

f:id:gulch:20190930132041j:plain

11/2(土) 東京予想
【 目次 】

《 今週の記事 》

《 東京予想 》

■東京1R 2歳未勝利(10:00~) ダ1600m

f:id:gulch:20191030225656j:plain
【本命】
◎⑥ファイブリーフ

前走のレース[2歳新馬:東京ダ1400m]
行き脚をつけて3番手の外目で追走
4コーナーから徐々に進出し、早めに仕掛けて残り400mに立ち
押しきりを図るが2頭に交わされ0.2秒差の3着
スタートして前目につけるため序盤で脚を使い
12.9 – 11.6 – 11.9 – 12.5 – 12.5 – 12.0 – 12.0
早めに仕掛けて先頭に立ち、ラスト2Fで先着した2頭に12.0-12.0と使われましたが、最後まで脚を伸ばして0.2秒差に評価
1400mのペースが少し忙しく、追っ付ける形で厳しくなりましたが時計・内容とも優秀

中2週で前走を叩いて上積み十分
最終追いきりで鞍上の藤田騎手が跨がり、併せ馬で2勝クラス(サラデコラシオン)の馬を相手に0.6秒先着
大型馬ですが更に軽快さを増して仕上がり良好
前走が自分のリズムで走れなかったので、今回の距離延長は大歓迎
東京ダ1600mはクロフネ産駒の成績優秀
藤田菜七子騎手に乗り替わって斤量減は魅力
前走同様に前目でレースを運んでの押しきりに期待

■東京2R 2歳未勝利(10:30~) ダ1300m

【本命】
◎④アントニウス

前走のレース[2歳新馬:東京ダ1400m]
出遅れて後方から行き脚をつけ、3番手まで押し上げての追走
手応えよく直線に向かい、最内を突こうとしたが前が開かず
外に出して追い込むが差は縮まらず0.5秒差の5着
出遅れて前につけるため脚を使い、直線は内で詰まりながらも0.5秒差の内容に評価

前走は十分に乗り込まれながらも馬体は緩く
レースを使ったことで馬体は引き締まり上積み十分
レースでは内で追走し、砂被りは問題なくダート適性のある走り
今回は距離短縮ですが兄弟が短距離で好走している血統(半兄スリラーインマニラは短距離ダートで4勝[東京ダ1300m:2勝])
前走は出遅れてしまったが二の脚が速く、スピードの高い馬なので距離短縮は期待
まずはスタートを決めて前目で運び、スムーズなレースに期待

■東京3R 2歳未勝利(11:00~) 芝1600m

【本命】
◎③レッドライデン

前走のレース[2歳新馬:東京芝2000m]
大外枠からスタート直後に内へ寄れて接触しつつ、ハミを取らないまま勢いよくそのままハナに立ち
スローペースでしたが道中は抑えが利かず
直線の残り200mまでは先頭でしたが、最後は力尽きて0.5秒差の5着
パドックや返し馬ですでに抑えが利かず、気性の荒さが全面に出てしまったレース内容
課題が残るなか見せ場の走りで0.5秒差は評価

武豊騎手が前走終了後に距離短縮を助言
今回は距離短縮しての東京芝1600m
両前球節に少し浮腫みはありましたが、脚元は問題なく順調な乗り込み
レースを経験して馬が大幅に成長
最終追いきりからクロス鼻革を装着し、ハミもリングビットに変えて制御ができるように
追走する形でも行きたがらず、我慢の利いた走りができて上積み十分
モヤで時計は確認できませんでしたが、動きは軽快だったとのこと
厩舎の工夫もあって調教では馬の制御が出来るようになり、スミヨン騎手に乗り替わって落ち着いてレース運びができれば
前に壁を作って脚を溜めることが理想
気性に不安はありながらも、素質の高い馬で勝ち負けに期待できる馬
今回で勝ち上がりに期待

■東京4R 2歳未勝利(11:30~) 芝2000m

【本命】
◎⑦プモリテソーロ

前走のレース[2歳新馬:札幌芝2000m]
出遅れて後方2番手で追走
道中は折り合いを欠きながらの走り
4コーナーは大外を回し、直線は最後まで脚を伸ばすが0.2秒差届かず3着
精神面で幼さが出てしまった内容で、折り合いを欠いて4コーナーは外ロスがありながらも、最後まで脚を伸ばした走りに評価

レース後に成長を促しに放牧へ
美浦に帰厩して1ヶ月間入念に乗り込み、2週連続で鞍上の大野騎手が稽古
目立つ時計はありませんが、馬場の悪いなかで軽快な動きで仕上がり良好
気性面で少しでも成長があれば十分勝ち負けのできる馬
前走はスムーズを欠くことが多く、広い東京コースは大歓迎
了徳寺オーナーの主戦である大野騎手を迎え、折り合いを重視に勝ち負けに期待

■東京7R 3歳以上1勝クラス(13:25~) ダ1400m

【本命】
◎⑭ハルメキ

前走のレース[3歳以上1勝クラス:東京ダ1400m]
行き脚をつけて前に行き、最内の馬にハナを譲らせて番手で追走
直線は早めに追い出して残り200mで先頭に立つが、内から突き放されて2馬身差の2着
12.7 – 11.7 – 12.1 – 12.0 – 11.7 – 11.6 – 12.6
最後は脚力勝負になり、早めに仕掛けて勝ちに行くなかでの粘り強さに評価

1番の評価してるポイントは調教
65.3-50.1-37.0-12.7[南W]一杯⑨
最終追いきりは鞍上の山田騎手が稽古し、テンから飛ばして最後まで脚を伸ばして好タイム
当日は重馬場で時計が出ないなか、かなり優秀な時計を叩き出して上積み十分
2走前の調教でウッドコース追いをしてから3着→2着の安定した成績
今回はしっかり追い込めてるので更なる一変に期待
先行した方が安定さは出てるので、好位からの押しきりで今度こそ

ガルチへの応援クリック是非お願いします♪

競馬ランキング

タイトルとURLをコピーしました